いつもエヌドファイブをご利用いただき、ありがとうございます。

スタイリスト藤井です。

 

明るいヘアカラーをしたはずなのに、髪が明るくならない方
時々いらっしゃいますね。
元々の髪質も影響しない訳ではないので、
どこの美容室でも+何度明るいヘアカラーをしても髪が明るくならない場合は、残念ながら、髪質が該当するかも知れません。

☆今回は、元々の髪質以外で対処できる、髪が明るくならない理由として以下のものを挙げてみます。
※もちろん以下の施術等がダメな訳ではなく、髪を明るくしたい場合は難しいかも知れません。という内容です。


①1か月以内にトーンダウンした
トーンダウン(色味を濃く)したばかりの髪は、1ヶ月ほど色が抜けてくるのを待ってみましょう。
今後明るくしていきたい場合は、まずは根元だけリタッチする方が無難です。

②縮毛矯正、デジタルパーマをしている
縮毛矯正、デジタルパーマをかけた部分とかけていない部分とでは、染まり具合が変わります。

かけている所は明るくなりにくい事が多いです。
縮毛矯正とヘアカラーは同日にできますか??|名古屋市中村区岩塚駅徒歩1分の深夜営業美容院N°5


③バージン毛からのヘアカラー
キューティクル・メラニンがしっかりしているため、明るくなりにくいです。
10代~20代くらいまでは皮脂量も関係します。硬くて太い髪は特に該当します。
ですが、数回かけて明るいヘアカラーを繰り返すと徐々に明るくなります(^^)

④ホームカラー(アルカリカラー)をしている
特に白髪染めや濃い色味の市販のヘアカラーは
どんな髪質でも染まりやすくするために、脱色力も染着力も強くしてある事が多いので
濃い色味のヘアカラーの場合は非常に抜けにくく、ムラになりやすいです。
白髪染めの場合は染料も濃い目なので、回数を重ねるごとに&毛先にいくに連れて、色が濃くなっていきます。
(白髪が多い場合、根元だけ明るく毛先が暗くなっている方は恐らくこれが当てはまります)
使用薬剤にもよりますが、今より明るくできるかは、担当スタイリストも「やってみないとわからない」部分がございます。

ホームカラーをしているすべての方へ|名古屋市中村区岩塚駅徒歩1分の深夜営業美容院N°5 

⑤トリートメントカラー、カラーシャンプー(酸性カラー)等を使用している
こちらは脱色力はありませんが、ホームカラー同様、繰り返し使用することで染着した色味が残ることがあります。
少し性質が違いますが、ヘナカラーも同様です。

⑥超音波アイロン等を使用したトリートメントを使用している、トリートメントを何種類か(複数)使用している
トリートメント(油膜)のコーティング等によって薬剤が効きにくくなることがあります。
この場合は、プレアート(シリコンやコーティング剥がし)がおすすめです。

_________________________________________________________________

上記の様なお客様にはこちらから説明した上で、まずは一番明るいカラー剤を使用して対応することが多いです。
それでも物足りない、もっと明るくしたい、もしくはどうしても染めたい色味がある場合は
ブリーチか脱染が必要です。

ブリーチの際には必ず「ブリーチすると、髪が傷みますか?」と聞かれますが…
はい、傷みます。
②縮毛矯正、デジタルパーマをしている ④ホームカラー(アルカリカラー)をしている
ケースは特に傷みます。明るくはなりますが。

ブリーチの際、なるべく傷ませない様にトリートメントをしたり、一時的に手触りを良くするのは可能ですが
根本的には傷みますので、ホームケア等は必須になります。
せっかく時間とお金をかけて明るくしたのに、パサパサでは悲しいですよね(T_T)

薬剤を使った施術は何でもそうですが、大なり小なり、回数を追うごとに髪は傷んでいきます。
お肌と違って髪にはターンオーバーがありませんので、施術を加えるごとにダメージは蓄積していきます。

複合メニューや、毎回違ったメニューをしてみたい場合は、注意が必要です。

明るいヘアカラーをご希望の方で上記のものに当てはまる場合は、
担当スタイリストに必ず伝えてご相談くださいね(^^)